中国でも新型肺炎で打撃を受けるユニクロ・無印 韓国ネット「まだまだ不買は続ける・・・この機会に撤退しろ!」

未分類
この記事は約3分で読めます。

中国でも新型肺炎に打撃を受けるユニクロ・無印 韓国ネット「まだまだ不買は続ける・・・この機会に撤退しろ!」

ユニクロと無印良品の中国内休業店舗数が、全体の半分に達した。

ユニクロの休業店舗数は、2月7日で中国内の全750店舗(昨年12月末基準)のうち、約半数の約370。1月31日の160から2倍以上増加。

無印良品も2月6日現在、中国内の合計260のうち138で販売を停止。中国当局の営業自粛要求への対応措置である。

日本の小売企業であるベストリテーリング、良品計画の2企業は、海外進出の成功事例。

ペストリーテーリングの2019年8月期(2018年9月〜2019年8月)、台湾、香港を含む中華圏の売上高は5025億円で、総売上高の22%。

無印良品の2019年3〜11月の中華圏の売上高は566億円で、総売上高の17%。

中国での営業停止が続き、業績への悪影響に懸念が高まっている。

ソース元

そんな韓国内でのネットの反応をご覧ください

韓国ネット民の反応

この状況でも、良いニュースがあるものだ。

まだ幼虫のような人たちが非常に多い。私は永遠に不買。

韓国国民は、大統領も弾劾に降ろす覚醒した国民であるということ。安倍は恐れるべき。大韓民国で、私たちはあなたを降ろせる小さな火種を作ってしまうこともある!

関心もない。その服を着たことも無い。消えろ。

おめでたいです。

ユニクロは終わりだね。日本でだけ生きていくだろう。

この際、潰れてほしい。

記者は、ユニクロに行ってみてから記事を書いたのか?ふざけるな。ユニクロは問題ない。蚕室店は並んで計算した。そして宅配便で受ける。何か分かってから記事にしろ。あなたのような記者をキレギと呼ぶのを知っているか?誰かと同じだね、このような記者から改革させなければならない。

永遠に、滅びるまで不買運動。

それなのにロッテはなぜ、不買をしないのか。

不買運動が過ぎ去るのは、いつなのか。また日本に行く人がかなり多くなり、ユニクロは人々の目に見えるから、インターネットで注文する人が凄く多くなった。

チョ・グクの息子が、その服を好んでいる。

自業自得。

韓国の大企業には早期に、日本のユニクロ、無印良品、ABCマート、ダイソーの対抗馬を開発してほしい!

これで安倍首相が新型コロナに感染してくれれば完璧なのに。

日本よ、中国の旅行者を受け入れて、中国で商売を一生懸命しろ。

ユニクロは下落する以外にない。今回の事態で、ちょっと早まっただけ。中国の企業が、そのままでいるだろうか。高難度の技術が入る製品もコピーするのに、衣類は、気になればすぐに、中国大陸で巨大SPA企業が出てくるだろう。特別な技術でも、非常に有名なブランド品でもない以上、SPA衣類の巨大企業化には限界があると見ています。スポーツ衣類でもない以上、接近しやすい業種。ユニクロは、今までの運が良かったのだと思います。

ユニクロの不買運動は、ずっとします。デサントも不買運動、アシックスも。

この際、滅んで韓国から撤退しますように。

永遠に不買。

コメント

タイトルとURLをコピーしました