IOC「旭日旗での応援はOk」東京オリンピックで旭日旗での応援は「状況別に判断する」とIOCが従来の立場を固守 韓国の反応

未分類
この記事は約1分で読めます。

 海外の反応 韓国

国際オリンピック委員会(IOC)は「2020年東京オリンピック時、日本人が旭日旗応援を展開する問題が発生した場合、状況別に判断する」という従来の立場を固守しているとサイバー外交使節団バンクは5日伝えた。
バンクは1月21日3億人が加入した世界最大の請願サイト「チェンジ・ドット・オーグ」に東京五輪の時、旭日旗使用を禁止する請願を上げ、最近、五万人が参加すると、これらのリストとともに旭日旗応援公式の禁止などの内容で手紙を書いてトーマス・バッハIOC委員長と事務局に送った。
1
クリスティアン·クラウIOC広報理事は電子メールで「IOCに送った電子メールに感謝するとし「スポーツ競技場で政治的デモがあってはならないというのは私たちの確固たる信念だ。すでに述べたように、試合中に旭日旗を使う状況が発生すれば、状況別に判断する」と述べた。
また、バンクが「放射能五輪になる可能性がある」と警告メッセージで風刺して作ったポスターに関する立場も表明した。 「バンクがオリンピックのエンブレムを無断で使用し、政治的メッセージを投げかけるのは正しくない」と語った。
続きを読む

タイトルとURLをコピーしました