トランプさん、英首相との電話をガチャ切り!Huawei英国G5参入に激怒した模様…[海外の反応]

この記事は約4分で読めます。

海外メディアによる複数の報道によると、先週、ボリス・ジョンソン英首相との電話会談を行ったトランプ大統領は、激高した挙句、電話を「ガチャ切り(slamming the phone down)」する事態にまで至ったという。(米ヤフー

Boris Johnson informs Donald Trump Huawei will be involved in the UK's 5G network | ITV News

これまで、トランプ政権は世界の友好国に対して「安全保障上の懸念」から、中国企業Huaweiの次世代ネットワーク規格G5への参入を規制するように要請してきた。

しかし、英国はトランプ政権の意向を無視。Huaweiの参入を認める方針を示し、今回、トランプ大統領が直接、ボリス・ジョンソン英首相にその怒りをぶつけたものと思われる。一方、英政府内でも、トランプ大統領に対する不満は表面化しており、関係者によると、今回の米英首脳電話会談は「壮絶な(apoplectic)」ものであったという。

米ヤフーの反応(1732コメ)

傾向:若干保守

選考:人気・選択

感想:未だに「ガチャ切り」できる電話を使っているんですね…。ちなみに、トランプさんは「ガチャ切り」の名手でもあります。(参考

1.海外のパネリスト

イギリス政府はこれまでにも「米国政府がHuawei以外の選択肢を提示してくれるならば、検討する」と、述べてきた。それに対して、米政府はただただ「Huaweiを使うな!」としか言ってこなかった。英国は米国の属国ではない。

2.海外のパネリスト

さすがトランプ!英国との関係は史上最強に良好だね!

3.海外のパネリスト

ボリスはトランプに「自分は英国首相であり、米共和党議員ではない!」と、告げたかったのさ。

4.海外のパネリスト

英首相の報道官は、この報道についてノーコメントらしい。もし誰かがトランプに対してこの電話会談に聞けば、あいつはきっと「完ぺきだった!」と、いつもの如く、うそぶくだろう。

5.海外のパネリスト

弾劾裁判で無罪が決まったトランプに、一体何人の外国首脳が「賛辞」を送ったのだろうか?

6.海外のパネリスト

トランプは「英国との安全保障関係を見直す」と、脅しているらしい…。彼らは我々の最大のパートナーですよ?

7.海外のパネリスト

「米国は私が大統領であるが故に、世界から尊敬され愛されている…by トランプ」ご冗談を…

8.海外のパネリスト

中国企業の使用が正しいことだとは思わないが、トランプが世界の秩序を決めることに関しても、正しいことだとは思わない。

9.海外のパネリスト

いつからトランプは英国首相になったのだ!?

10.海外のパネリスト

トランプが大統領になってから、再び偉大になったのはロシアと中国だけだよ…

11.海外のパネリスト

>>10

中国?中国??最近のニュース記事読めてます?

12.海外のパネリスト

英首相並びに英国民の皆さん。米国民として謝罪します。この男は我々が選んだ大統領ではありません!

13.海外のパネリスト

>>12

選んだわけではないが、彼が大統領になることを拒みもしなかった。

14.海外のパネリスト

どうやったら他国首脳との電話会談で「ガチャ切り」ができるんだよ…

15.海外のパネリスト

なんだかボリスのほうが、トランプよりマシに見えてくるから不思議…

タイトルとURLをコピーしました