韓国人「日本人の韓国コンプレックスが狂った!」K防疫を自慢していた韓国のコロナ集団感染を一斉に報道! 韓国の反応

未分類
この記事は約1分で読めます。

 海外の反応 韓国

日本のメディアが京畿道(キョンギド)のクーパン物流センターのコロナ集団感染事態を一斉に大きく扱っている。これまで安倍晋三政権のコロナ19対応の失敗とは対照的だった韓国の対応を高く評価していた論調が、相次ぐ一部の不注意による集団感染事態で、再び非友好的な雰囲気に変わる気流も感知される。
朝日新聞は29日、「韓国人82人が集団感染…」「ソウル郊外の第2波警戒」という見出しの記事でクーパン物流センター集団感染のニュースを伝え、「韓国では4月末から5月初めにかけて新規感染者数が一桁に落ち、政府が不要不急の外出自粛などを求める要請を解除した」とし「しかし要請解除後、ソウルのクラブで集団感染が発生し、第2波に対する警戒感が強まっている」と報道した。
1
日本経済新聞は「韓国首都圏に再び外出の自粛」という記事で「28日、新たに79人の感染が判明した」とし「5月6日には1日の感染者を2人まで抑えたが、直後に繁華街のナイトクラブで集団感染が発覚し、全国に拡散した。最近はソウル近郊の物流センターでも集団感染が発生した」と伝えた。
読売新聞も「韓国に再び自粛を要請」という見出しの報道を通じて「28日の1日の感染者数が79人となり、制限目標とする50人を超えた」とし、最近発生したナイトクラブ集団感染、仁川の嘘講師事件などを紹介した。
続きを読む

タイトルとURLをコピーしました