乳児は哺乳瓶からどれくらいのマイクロプラスチック粒子を摂取しているのか?

未分類
この記事は約1分で読めます。

研究者らは、地球のほぼすべての生態系を害しているマイクロプラスチックの粒子がまだ生まれて間もない赤ん坊の体内にも入りこんでいることを発見した。食品の健康について取り上げている雑誌「ネイチャー・フード」によれば、マイクロプラスチック粒子は、熱湯の使用や殺菌の際に、ポリプロピレン製の哺乳瓶の壁が変形される際、またミルクを作る過程で哺乳瓶を振る際に形成されるという。

タイトルとURLをコピーしました