電子タバコが呼吸器官の発病リスクを40%高める=研究者

未分類
この記事は約1分で読めます。

電子タバコ利用者の5人に1人は、肺の慢性疾患に見舞われている。電子タバコを使用する人々が呼吸器官系の病気を発症する可能性は43%高い。研究結果が医学誌『JAMA Network Open』で発表され、データに関してサイト「MedicalXpress」が解説を行った。

タイトルとURLをコピーしました