LGBTをフィーチャーした話題の広告 流行に乗った話題作りか、あるいは社会に対する本当の支援か?

未分類
この記事は約1分で読めます。

今秋、ヘアケアブランドのパンテーンは、LGBTQの人々が就職活動の際に直面する差別を扱う社会広告を出した。この広告は社会の偏見を払拭するものとなるのだろうか?「スプートニク」はこの分野の活動家とトランスジェンダーの人々に話を聞いた。

タイトルとURLをコピーしました