日本政府、武漢に在外公館設置へ 2年以内目指す

この記事は約1分で読めます。

【北京共同】日本政府が中国湖北省武漢市に在外公館を開く準備を本格化させたことが23日、分かった。日中外交筋は今後2年以内の開設を目指していると明らかにした。世界で初めて新型コロナウイルスの感染が拡大した武漢から邦人を退避させた経緯などがあり、機運が高まっていた。

タイトルとURLをコピーしました