日本の核ごみの最終処分城選定は、“政府と国民の対話の問題”

未分類
この記事は約1分で読めます。

日本の原子力発電環境整備機構(NUMO)は、北海道で、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場の選定と建設に向けた第一段階の活動を開始した。処分場の候補となっているのは、寿都町と神恵内村である。

タイトルとURLをコピーしました