日本とクウェート、アジア諸国向け緊急時石油供給の貯蔵施設をつくることで合意

この記事は約1分で読めます。

日本政府は、危機が生じた際に東南アジア諸国に石油を緊急に供給するための基地を日本の鹿児島県につくることでクウェート当局と合意に達した。基地には、総容量約50万キロリットルの貯蔵施設が設置される。1日、ジャパン・ニューズが報じた。

タイトルとURLをコピーしました