ベルリンの従軍慰安婦「少女像」 区議会で永続設置決議

未分類
この記事は約1分で読めます。

ドイツ首都ベルリン市ミッテ区議会は12月1日、韓国系団体が1年の期限で設置した従軍慰安婦を象徴する少女像について、永続的な設置に向けた方策を区に求める決議案を賛成多数で採択した。これにより区は今後、永続的な設置に踏み切る可能性もある。共同通信が伝えている。

タイトルとURLをコピーしました