米大統領選での大規模な不正行為を示す証拠なし=米司法長官

未分類
この記事は約1分で読めます。

米司法省は民主党から立候補したジョー・バイデン氏の勝利を疑問視させるほどの大規模な違反行為は先の大統領選で確認されなかったと見ている。ウィリアム・バー司法長官がAP通信の取材に応じた中で発言した。

タイトルとURLをコピーしました