なぜロシアはクリル諸島に地対空ミサイル「S-300」を配備する必要があるのか?

未分類
この記事は約1分で読めます。

ロシアのメディアが報じるところによれば、ロシアは、択捉島(南クリル諸島)に地対空ミサイル「S300B4」を実戦配備した。この地域に、これほど本格的なミサイル防衛システムが配備されるのはこれが初めてである。これまでにサハリン州の択捉島では、近距離対空ミサイルシステム「トールM2」が配備されている。

タイトルとURLをコピーしました