カムチャツカ半島クリュチェフスカヤ火山 6000メートルの噴煙

未分類
この記事は約1分で読めます。

カムチャツカ半島のクリュチェフスカヤ火山が火山ガスと火山灰の混ざった噴煙を海抜6000メートルの高さまで吹き上げた。3日、カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。

タイトルとURLをコピーしました