小惑星「リュウグウ」のサンプルで地球生命の起源の謎が解ける? 次のミッションは小惑星から地球を守ることに繋がる? ミッションマネージャーの会見より

未分類
この記事は約1分で読めます。

日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が長年に及ぶミッションの最終段階を終了する。探査機は地球から3億キロ離れた場所にある小惑星リュウグウの砂や岩石のサンプルを地球に持ち帰る。待望のサンプルが入ったカプセルは12月6日にオーストラリアに送り届けられることになっている。この重要な出来事を前に、「はやぶさ2」プロジェクトチームの吉川真ミッションマネージャーが外国の記者団を前に、このサンプルがどのような秘密を明らかにしてくれるのか、また「はやぶさ2」の次のミッションはどのような特徴を持つものとなるのか、語った。

タイトルとURLをコピーしました