ハッブル宇宙望遠鏡 1700年前の宇宙の爆発の痕跡を発見

未分類
この記事は約1分で読めます。

ハッブル宇宙望遠鏡が天の川の衛星銀河の超新星爆発で広がったガスの流線を記録し、その爆発の光は1700年前に地球に到達したことが判明した。この情報はハッブル宇宙望遠鏡プロジェクトの公式サイトで発表された。

タイトルとURLをコピーしました