もし時間を止めることが出来るなら?

1日が24時間では足りないと感じる人は、多いと思いますが、 もし時間を止めることが出来るなら、一体どうなるのでしょう? ドクター・ストレンジのように、時間を完全に止められるとしたら? 何ができるのかを想像するのは楽しいものです。 でも、仮想現実については、どうなのでしょう?

でも、まず最初に、“時間とは一体何なのか?”ということを、考えてみる必要があります。時間というものは、過去から現在、そして未来へと移動する出来事の進行なのです。 物理学者に時間の定義を説明させると、それよりもはるかに複雑に説明してくれるはず。でも、結局、時間とは、測定するためのシステムである、ということなんです。ということは、時間を止めると、測定値がゼロになってしまうということであり、全てが無になってしまうということなのです。

タイムスタンプ:
時間とは一体何なのか? ⏳ 0:38

空中に止まっている物に触ったりすることができるはず!というのは大きな勘違い… 1:46

時間を止めることが出来るなら、一体どうなるのか? 3:16

宇宙を含めて、何も存在しないということ! 3:44

面白くないので、少しルールを変えてみましょう! 🎉4:12

#時間 #もしも #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– 科学的な観点で言えば、時間というものは、過去から現在、そして未来へと移動する出来事の進行なのです。 物理学者に時間の定義を説明させると、それよりもはるかに複雑に説明してくれるはず。でも、結局、時間とは、測定するためのシステムである、ということなんです。

– まあ、このように考えれば分かりやすいかもしれません: 昔、学校で距離と速さと時間について習いましたよね? そのことをチョッと復習してみましょう

– 時間がゼロ、速度もゼロ、距離もゼロということ。 つまり、時間が止まってしまうと何も動かない、ということなんです。

– 光の最も基本的な単位であり、理論的には、全宇宙で最も速く移動することのできる光子でさえ、移動することができないので、光さえもないということなのです。

– 空気も分子で構成されているため、移動することが出来ず、呼吸することは不可能。

– 地球のレベルを超えた話をすると、時間の停止は、重力を含めた、宇宙の基本的な力さえ働かなくなるということ

– 今回は、仮に超自然的な一時停止ボタンを手に入れたという状況で、考えてみることにしましょう。そのボタンを押すと、自分の周りの世界は止まっても“物理学の法則”だけは、すべて継続するという設定にします。

– 次はジムに行ってみましょうか! この状況で、トレッドミルに乗る時間を知るためには、どうすればいいんでしょう? まあ、いいか。ある程度走ってから、ウェイトトレーニングをやることにしましょう。

– さて、この時間を利用して体を鍛えていることだし、頭の方も鍛えた方が良いですよね?ジムで自分の好きなシットコムの再放送を見る代わりに、オーディオ・ブックを聴いてみることにします。

– 動物園に行ってみたいとも思ったんですが、一時停止しているサルを見ても面白くはないはずですよね?

– いつも博物館や文化的な場所に行ってみたいと思っていたので、行ってみることにしましょう。 まずは博物学から始めてみますか。あ、恐竜の骨がありました。

– 次は美術館へ! これらの絵画や彫刻を理解できるまで、じっと眺めてみようと思います。

– 我々は時間が経つにつれて、経験を積みながら、発達し、成長し続けるので、時間というのは、止めてはいけないものなのかもしれません。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメント

タイトルとURLをコピーしました