アリゲーターに襲われたらどうすればいいのか

現代のワニは、恐竜ほど大きくはないですが、危険じゃないわけではありません。 フロリダ州だけでも、毎年7人から10人がアリゲーターに襲われ、事故の約6%は、命にかかわる惨事になっています。

アリゲーターに狙われてしまった時はどうすればいいのでしょう。陸地でアリゲーターに遭遇した場合、まず最初にしなければならないのは走って逃げることです。アリゲーターはビックリするほど俊敏ですが、持久力はあまりありません。アリゲーターは、大抵の場合追いつけず、すぐに諦めます。でも、もしものことがあった時にはどうすればいいのでしょう?

タイムスタンプ:
アリゲーターから走って逃げる方法 0:39

不意に捕まってしまったらどうすればいいのか? 1:53

アリゲーターの弱点 2:21

アリゲーターが回転しだしたらどうすればいいのか 5:22

人間が襲われる頻度 7:08

他のクロコダイルはどうなのか? 7:24

#アリゲーター #クロコダイル #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– アリゲーターは待ち伏せを得意とする捕食動物です。長い陸上での追跡よりも水中での奇襲攻撃を好みます。

– アメリカアリゲーターの咬合力(こうごうりょく)は1300キロ以上にも達し、これは、ライオンやトラの3倍にもなります。

– このような攻撃を受けることはまれですが、餌食になると重傷を負ったり、命を失うことさえあります。

– あなたが抵抗すればするほど、アリゲーターの方はやる気を失います。 アリゲーターが面倒に感じ始めたら、努力するほどの価値がないと思うはずです。

– まずアリゲーターの口を開かなければ、と思うかもしれませんが、専門家によると、それは完全な間違いらしいです。

– まず、一番攻撃しやすいのは鼻です。 鼻を蹴られるのが好きな人はいませんが、アリゲーターも例外ではありません。

– アリゲーターの鼻に届かない場合には、目を突いてみるのが良いでしょう。

– 3つ目の選択は、口蓋弁(こうがいべん)と呼ばれるものを攻撃すること。 これは舌の後側にある肉質の器官です。

– どのようにアリゲーターを攻撃するにしろ、必殺技の回転、通称デスロールに対抗する準備をしておきましょう。

– もしも、アリゲーターに捕まってしまい、回転をし出したら、一緒に回転しなければなりません。

– アリゲーターは回転する際に体力を消耗するので、数秒間休まなければなりません。長い時間ではありませんが、その短時間内に、優位に立つことができるはずです。

– 完全に逃げられたら、すぐに医師の診察を受けてみてください。

– 人間を攻撃するワニの8種の中でも、アリゲーターの攻撃性は一番低いのです。

– 悪いニュースは、クロコダイルはアリゲーターよりもはるかに大きい可能性があって、かなり攻撃的だということ。

– クロコダイルの犠牲者は毎年1000人以上にのぼり、人間にとって10番目に致命的な動物なのです。

– ですので、ワニに遭遇したら、常に距離を保つようにしましょう。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメント

タイトルとURLをコピーしました