ロシアにある、地球上でも珍しい奇妙な場所

科学の法則で説明できない神秘的な場所はいろいろありますが、控えめな外見に奇妙な秘密を隠している場所が一つあります。急に雷に襲われたり、どこからともなく不思議な形の飛行物体が現れたり…。地面の下にできたトンネルでさえ、自然にできたにしてはなめらかすぎるものなのです…。

この珍しい場所には、メドヴェディツカヤ山脈という同じぐらい珍しい名ざっくり訳すと熊の川の山脈という意味なのですが、それは、ロシアの西にある山脈の横を流れるメドヴェディツカヤ川から来ています。前がついています。勇気をもってここに近づいた人だけが、この場所の奇妙さを目にすることができます。地元の人々は、この地域を完全に避けるので、山脈を渡るための小道を探すのも難しいのです。そして、人々がこの丘陵を避けるのには理由があるのです…。

タイムスタンプ:

木の幹についた奇妙な傷 2:00

球電光は幻か? 3:33

それとも特殊なプラズマ? 5:30

機密解除されたUFO調査 7:11

不自然になめらかなトンネル 8:53

#特異 #現象 #ブライトサイド

概要:

‐ 木をよく見ると、よじれて曲がっているんです。幹に焼けたあとや、なめらかで丸い傷があるものもあります。

‐ 世界中を見渡しても、この場所ほど、数多くの球電光が見られる場所はありません。電気の球体がここかしこに浮いていて、直径は1センチから2メートルにもなります。

‐ 球電光現象は、この地域で起こる、数多くの現象の中でも、最も確実なものです。問題は、この現象がなかなか起こらないので、まとまった情報を集めにくいということ。

‐ 球電光など存在しない、と言う人もいます。それは、目の錯覚、または幻覚であるというのです。

‐ 明るすぎるものを見てしまったり、太陽の光が目に当たると、目がチクリとして、どこを見ても緑や黄色っぽい点が見えるアレです。

‐ もっともらしく聞こえますが、メドヴェディツカヤ山脈にはあてはまりません。火の玉はいつでも、嵐でなくても現れるからです。

‐ 他にも、火の玉現象は、蒸気が異常な動きをしているのが原因だ、と言う人もいます。

‐ 球電光に関する最も適切な理論は、高温プラズマに関連するものです。一つ問題なのは、プラズマは、通常の条件では、ほんの一瞬しか存在しないということです。

‐ メドヴェディツカヤ山脈も、UFOが目撃される場所として有名なのです!ですが目撃情報は、球電光のそれとは異なっているんです。多くの場合、未確認物体は三角形で、この地域でこれまでに目撃された、どの球電光よりもずっと大きいというのです。

‐ メドヴェディツカヤ山脈がUFOファンに大人気となったのも、不思議はありません。彼らの多くが、丘陵自体がトンネルで、穴だらけになっていると考えています。

‐ 反響定位を計測する装置により、地下深くまでトンネルが続いていることは明らかになっています。そして不自然にまっすぐな形をしており、内側が妙になめらかなんです…。1982年以降に、メドヴェディツカヤ山脈に来た調査員の誰もが合意することがあります。それはこれらのトンネルは、自然だけが作り出したものではないということです。

‐ 他の理論もあります。それは、未知の先住民族が、この不思議な場所を、彼らの支配者や権力者の墓地として選んだというもの。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメント

タイトルとURLをコピーしました