本当は間違てる!?お風呂やお手洗いでやりがちな10の間違い

自分だけの空間、熱唱できる場所、そして素敵なアイデアや突拍子も無い事が浮かぶ、リラックスできる場所…。そう、それはお風呂!浴室だけではなくお手洗いでもやりがちは間違いを見ていきましょう。お風呂やトイレはプライベートな場所だからこそ、多くの人に共通している10の間違いがあるんです。

例えば、みなさん手を正しく洗っていますか?水温だけではなく、手を洗う時間の長さも実は重要なんです。シャワーの中で顔を洗っているという人も注意が必要!これもあまりおすすめできません。ちなみにみなさん、タオルはどこに閉まっていますか?浴室の近く?細菌を体にこすりつけたくないという人は、今すぐ違う場所に移動させましょう!

音楽:

https://www.epidemicsound.comより

タイムスタンプ:

歯ブラシには十分注意を払っていますか? 0:39

そのお風呂用スポンジ、いつ買いましたか? 1:32
正しく手洗いができていますか? 2:15
角質ケア、やりすぎてないですか? 3:10
お風呂の中で顔を洗っていますか? 4:01
シャワーの後、タオルを使っていますか? 4:34
トイレの流し方は合っていますか? 5:10
トイレブラシは清潔ですか? 5:58
どこにタオルを収納していますか? 6:55
効率よく掃除ができていますか? 7:25

#衛生 #悪い習慣 #ブライトサイド

概要:

―歯ブラシには1,000万を超える細菌が生息していています。例えば、大腸菌!この厄介な細菌は下痢や嘔吐を引き起こす可能性があります。

―体を洗っている時、体中に細菌をこすりつける…なんて事が起こっているかもしれません。3週間以上使ったスポンジは、新しい物に替えましょう。

―冷たい水でも温かい水でも、きちんと石鹸を使って手を擦り合わせ、流して乾燥させている限りどちらでも変わりません。

―お風呂の中で角質を除法する人も多いでしょう。でも、やりすぎに注意してください。皮膚の乾燥に繋がります。

―氷のように冷たい水で顔を洗うと、血管にダメージを与え、小さな動脈が現れる事もあります。最もおすすめしたいのが、ぬるま湯。洗面台でぬるま湯を使って顔を洗いましょう。

―お風呂から上がったら、タオルで優しく水気を拭き取りましょう。また、保湿クリームを使う場合はなるべく早い段階で付ける事が大切です。

―蓋が開いたままトイレを流すと、中に入っている小さな粒子…つまり用を足した後のものが半径4.5mにわたって空中に飛び散ります。

―トイレブラシを使った後は、漂白剤を混ぜた水に少しの間浸してから完全に乾かしましょう。また、ブラシホルダーも消毒する必要があります。

―より掃除の効果を上げるちょっとした秘密のコツがあるんです。それは、浴室の気温を上げるという簡単な方法!気温を10度上げるだけで、使用するアルカリ性洗剤の効果がより発揮します。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメント

タイトルとURLをコピーしました