生命のいる可能性のある巨大地球型惑星が発見されました!

宇宙は我々人間だけが住んでいるにしては、大きすぎます。でも探す場所によっては、新しい生命体を発見できるかもしれないんです。そして、銀河の星を捜索するNASAの新衛星TESSが、新しい手掛かりを見つけたかもしれないというのです!トランジット系外惑星探索衛星という長い名前の衛星は、2019年4月に近隣の星の衛星を見つけることを目的に、打ち上げられました。

その星の一つは、比較的小さなGJ-357です。地球に一番近い惑星なんです!TESSのおかげで、NASAの天文学者たちが、このはるかかなたの星を周回する惑星を発見しました。そこに空気が存在するとすれば、数少ない研究対象となる星なのです。

タイムスタンプ:

タイムスタンプ:

その惑星ってどんな感じ? 0:31

理論上は人間が居住可能な惑星 2:36

宇宙人の来訪の可能性は? 5:48

それらの惑星を直接見られない理由 7:46

#惑星 #宇宙 #ブライトサイド

概要:

- この惑星は、地球より約22%大きく、水星と太陽の距離よりも11倍、恒星に近いと考えられています。

- 太陽系の外の惑星が発見されたことは過去にもありますが、GJ-357-Bは最も地球に近いのです。

- 天文学者の間で、「熱い地球」と呼ばれているこの惑星の後ろに、さらなる2つの惑星が発見されたからです。その一つであるGJ-357-Dは、生物を擁するには恒星から離れすぎているんです。

- この惑星は、そこの太陽系で、生物が住める温かさの居住可能地帯の中を周回していますが、だからと言って炭焼きになるほど熱いというわけではありません。

-  NASAの科学者たちは、この惑星の平均気温は、約-53℃と概算しています。南極の内陸に比べても寒いのです。

- おそらく人間がGJ-357-Dを訪れることは、ないのと同じ理由により、宇宙人が地球を訪ねることもないでしょう。

- もし知的生命体が発達しているとすれば、早かれ遅かれ、他の星に目を向けないとは言い切れません。そのとき、惑星の引力が障害となるのです。

- 地球の10倍の大きさの、その惑星の月に到達するためには、離陸するのに50万トンもの燃料が必要だと概算されています。

- 天文学者たちがいまだに、これらの惑星を、直接見ることができていないということにも、注目すべきです。TESSが巨大で熱い惑星Bを発見できたのは、星の前を通過した影のおかげです。

-  TESSが星の写真を撮った際、CとDは、地球とGJ-357の間を通過しなかったので、私たちは、間接的に研究することしかできていません。

- 中間の惑星であるGJ-357-Cは、軌道が傾いているせいで間接的にも確認できていないのです。傾いた珍しい軌道のせいで、地球と恒星の間を通らなかったからです。

音楽:

Royalty free music and sound effects | Epidemic Sound
Struggle with music licensing for video, film or YouTube? Our library is of the highest quality, usable on all social platforms and royalty-free forever.

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメント

タイトルとURLをコピーしました