腹ばいで寝るべきでない理由

寝るときのポジションでアナタの性格を判断するようなテストはご存知ですよね?あれって、良くない寝方もあるということも、説明しておいてほしくないですか?胃、お腹、おへそ、腹部、胃腸、背中の反対側など色々言い方がありますが、腹ばいに寝ることは、確かに快適です。しかし、あなたの健康には害があります。時には危険とも言えるのです。

心臓に問題を抱えている場合、お腹を下にして寝ることで、ストレスをかけすぎて、心拍数が早くなり、血圧が上がります。また、悪玉コレステロールを持っている人や、潜在的に動脈が血小板で詰まりやすい人にとっては、このようなポジションは危険で、脳に酸素が回らなくなります。さて、顔はどうでしょうか?お腹を下にして一晩寝て起きて、鏡を見てみると…シーツのしわがはっきりと頬や額に残ってしまっているはずです。

タイムスタンプ:

脳への血流を制限 0:31

呼吸が非効率的になる 1:05
胃にも影響が出る 1:33
しわ! 1:56
首が凝って痛くなる 2:49
背骨への圧力 3:28
血圧が上がる 3:48
健康にはどうか 4:20
習慣を変えるには 4:59
ベストなポジション 5:54

#眠り #健康な背骨 #ブライトサイド

概要:

-悪玉コレステロールを持っている人や、潜在的に動脈が血小板で詰まりやすい人にとっては、このようなポジションは危険で、脳に酸素が回らなくなります。笑えないですよね?

-身体中に十分な酸素が回らずに、朝疲れて気分が悪く感じます。

-胃の周りにある臓器が、しばらくして正常に機能しなくなります。快適さという名目で健康を犠牲にすることはよくないですよね?

– しばらくすると、睡眠時のしわが消えないしわに変わります。特に頬や鼻周りのしわです。

-首や肩の周りで動きが制限され、血管や神経終末が圧迫されると、取り返しのつかないダメージを引き起こすことになりかねません。

– このポジションで寝ると、ひざ、肘、足の関節がヘンな方向に曲がって、ひねったり痛みを引き起こしたりします。

-背骨にとっては不自然なポジションであるため、背中の真ん中に圧力がかかりすぎて、朝起きると凝り固まって痛みを伴います。

-心臓に問題を抱えている場合、お腹を下にして寝ることで、ストレスをかけすぎて、心拍数が早くなり、血圧が上がります。

– パソコンの前で悪い姿勢で座って、肩や背中が疲れている場合も、腹ばいで寝たほうが良いかもしれません。しかし、しばらく腹ばいで寝れば十分なので、お休みを取るようにしましょう。

-背骨に問題がある人に最適なのは、足を枕に置いて仰向けになること。これは、美のための睡眠にもベストなんですよ。シワがあまりできず、顔がむくみません。

– 左向きに寝ることは、胃酸の逆流症状を軽減させます。吐気や不快度が改善されるはずです。

– 右側を下にして眠ると血圧に効果的で、アルツハイマーのリスクを軽減させます。しかし、妊娠後期の妊婦さんにはお勧めできません。これによって、胎児に問題を引き起こしてしまう可能性があります。

-実際、ほとんどの人にとって、寝ている間に寝相を変えることが良いことです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:水野健介 (Studio Kiwi)

コメント

タイトルとURLをコピーしました