記憶を80%改善させる8つの脳エクササイズ

最近、健康的なライフスタイルを気にしている人が多いですよね。健康的な食事をして、ジムで運動をして…みたいな…。でも、脳にも運動が必要なことを、理解している人って意外と少ないんです。記憶が最近飛んでしまう事がある人には、特に重要なんですよ。
人生の中でいろんなことを学びますが、全てを知っているわけではありません。人間はその多くを忘れてしまうんです。金魚ほどの記憶力しかないと言われても、ご心配なく!これから紹介する簡単脳エクササイズが役立ちますよ。

タイムスタンプ:

声を出して本を読む 0:33

日々のアクティビティーをこなす際に、両手を使う 1:19

週に3回は心拍数を上げる 2:03

箸で食べる 2:38

耳栓をつける 3:19

単語の思い浮かべやパズル 3:52

4つの詳細観察エクササイズ 4:23

音楽を聞く 5:12

拳を握る5:45

落書き 6:26

笑う 7:28

#能を高める #良い記憶力 #ブライトサイド

概要:
-自分が声に出して、話しているのを聞くと、脳が情報を記憶する助けになります。友達や子供とも、このエクササイズを実践することが可能です。
-しかし、利き手でない方に変えることにより、脳内の神経のつながりを強め、精神と記憶が鋭くなるのです。
– 定期的な有酸素運動は、海馬のサイズを大きくします。 これは、情報を新しい記憶に変える役割を担っている脳の部分です。

-脳の動きを良くするための、最も効果的な方法の一つです。箸を使うことで、神経細胞の先端である、樹状突起が形成されます。
– 音のない世界を経験すると、記憶力を含め、認識能力に良い影響を与えます。
-好きな単語を思い浮かべて、その文字列を頭の中で可視化してください。
– 試験のために勉強していたり、仕事に関することを覚えようとしたりしている場合、素敵なBGMがあると効果的です。 音楽を聞くことで、脳が情報を保持することを助けます。
– この実験結果により、右手の拳を90秒間握ることで記憶形成に役立つことが明らかになったのです。
– 何かを聞くとき、人間はボーッとしてしまう傾向にあり、そうなると情報をきちんと理解することができない、と研究者たちは説明しています。落書きなどの簡単な作業を行うことで、その白昼夢を阻害して、聴覚的な情報を受け取れるようになるのです。
– 鍵やスマホの置き場所を忘れたら、ちょっと笑ってみましょう。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:宮司道章造(Studio Kiwi)

コメント

タイトルとURLをコピーしました