飛行機が南極大陸上空を飛んではならない理由とは!?

みなさん、飛行機はどんな場所でも自由に飛べると思ってはいませんか?実は、そんな事ないんです。飛行機はなんと、航路に関する厳格なルールに従って飛行しています。それは、安全上の理由や、他国との良い関係を保つため…。どうゆう事!?と思いますよね。

例えば、飛行機は南極大陸上空を飛びません。また、チベットやメッカ上空でも飛行機を見かける事はないでしょう。ディズニーワールドとディズニーランドも飛行禁止空域となっていて、理由はまだ明らかになっていませんがエリア51も同じ禁止されています。

音楽:

https://www.epidemicsound.comより

タイムスタンプ:

南極大陸 0:27

北極点、南極点 0:56

太平洋 2:21

チベット 2:53

メッカ 3:44

暑すぎると離陸できない 4:10

アメリカ初代大統領 5:01

ディズニーワールドとディズニーランド 5:35

パンテックス核施設 6:16

キャンプ・デービッド  6:43

ケネディ宇宙センター 7:30

エリア51 8:06

バッキンガム宮殿 8:43

タージ・マハル 9:21  

#飛行機 #航空 #ブライトサイド

概要:

―南極大陸の山々は風が強い上に雪が多いため、上空はホワイトアウトのリスクがとても高く、視界がとても悪いんです!

―地球の北極点には、絶えず変化する超強力な磁場があります。それは、1年に何キロメートルも到達範囲と方向が移動するくらい強いんです!

―飛行機はチベット上空を飛びません。これは主に、ヒマラヤ山脈が理由です。まず第一に、飛行機が緊急着陸しなきゃいけなくなった時、山脈は理想的な着陸場ではないことは、明らかですよね?

―メッカには強い磁場があります。先ほども説明したように、磁場が飛行中に問題を引き起こす可能性が高まるんです。

―米国初代大統領ジョージ・ワシントンの家はアメリカ合衆国国定歴史建造物とされているので、上空の空気の振動によるさらなる損傷を防ぐためにも、ジョージとマーサの家の上は飛行禁止空域となっています。

―2003年に、ウォルト・ディズニー・カンパニーは一時的に飛行禁止空域をアメリカにある両方のパークに設定しました。今もまだ、続いています。

―多くの大統領や世界中のVIPが訪れるので、キャンプ・デービッドは安全上の理由から飛行禁止空域になりました。

―もちろん、ケネディ宇宙センター上空も飛べません。NASAと米国空軍はこの場所で重要な活動を続けています。すべての関係者の安全を、最優先しているんです。

―バッキンガム宮殿は女王と王室を守るためのものなので、当然ながらその上空は飛行禁止空域になっています。

―インド政府はこの重要な歴史的建造物を一目見るためやってくる多くの観光客を守るために、2006年にタージ・マハルの周囲の上空を飛行禁止空域にしました。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメント

タイトルとURLをコピーしました